シリーズ累計100万部突破の「学校では教えてくれない大切なこと」シリーズが為になる

2020年8月12日

このシリーズ、「小学生のための世の中を生きぬく力を身につける本」として出版されていますが、大人が読んでも為になることが意外と書いてあります。

そんな中、子供に特に身につけておいてほしかった、4書籍をご紹介。

 



「整理整頓」編

整理整頓

整理整頓が習慣化できると、色々な物事を順序立てて整理することが出来る様になります。

大人になって思うのですが、自分の頭の中が整理出来ない人は、たぶん、部屋、引き出しなど、そのほかの整理なども苦手なのだろうな~と思います。

仕事をする上でも、

  • 計画が立てれない
  • 重要な作業の優先順位がきめれない
  • 無駄なことが判断できない

など、だいたい仕事が遅い人などに共通する所もこんな所だと思います。

どんな仕事に就いたとしても、必要な能力だと思いますので、小さい頃から習慣として身につけてほしいですね。

目次はこんな内容

1章 いつどうするかを決めよう(決める力)
・片づけに向いているときっていつ?
・いる?いらない?分けてスッキリ!
・どこにでもしまえばいいってもんじゃない!

2章 身の回りのものの整理をしよう(まとめる力)
・勉強する気になる机って?
・さらば,ぐちゃぐちゃの引き出し
・実はもっと物が入るかばんの中

3章 きれいな状態をキープしよう(続ける力)
・真の片づけ!「きれい」をキープ
・掃除もできるようになろう
・食後の片づけはお母さんだけの仕事じゃない!

引用:旺文社 https://www.obunsha.co.jp/product/detail/011080

 

 

「お金のこと」編

お金のこと

今の子は、私の子供の頃と比べると、お金の大切さがあまりわかっていない様に思います。

欲しいものがあれば、盆正月、誕生日、クリスマス、子供の日など、おこずかい以外でも、お金がもらえることが多いです。

下手すると、大人の私より自由に使えるお金を持っているのではないか?と思えるくらいです。

そんな簡単に手に入ってしまう世の中だからこそ、将来のために、お金の大切さなどを教えておきたいものです。

また、この本は、他にも、クレジットカードや電子マネーの仕組み、お金の歴史、景気変動と物価の関係、税金や年金はどういうものかなど、簡単に説明されています。

基本的なことを教えるには、いい本だと思います。

目次はこんな内容

1章 ほしいものを手に入れろ!
・おこづかいをもらおう!
・お札をコピーでお金持ち?
・さわっただけでお札の種類がわかる?

2章 ほしいものを安く手に入れよう
・お買い得なお店を探せ!
・全部の商品を安くして!
・プリペイドカードで買い物

3章 知っておくと得!町の金融機関
・銀行のいろいろな役割
・日本銀行ってえらいの?
・ご利用は計画的に

4章 お金のことを知って,うまく使おう!
・貝がお金の代わりだった!?
・お金にまつわる漢字豆知識
・日本のお金の歴史

5章 社会の流れを読んで,お得に買い物!
・景気をなんとかしたい
・昔に比べて物価が上がる?
・お金を生み出す株式会社

6章 大人になったら,かしこく利用
・教科書だってタダじゃない!?
・国も借金をしている!
・年金って何だ?

引用:旺文社 https://www.obunsha.co.jp/product/detail/011082

 

 

「ルールとマナー」編

ルールとマナー

最低限、人に迷惑をかけない人間に育ってほしい。

それが、親としての思いではないでしょうか。

世間では、ルール、マナーを教えられていないのでは?と思える様な子供たちをたまに見ることもありますが...。

世の中には、

  • 学校のルール
  • 社会(会社)のルール
  • ネット世界のルール

など、どんな世界にもルールが存在します。

ルールがなぜ、各世界に必要なのか?という所の意味を理解させ、常識のある子供に育ってほしいと思います。

目次はこんな内容

1章 家の中で

・あいさつはみんなの元気のもと!
・身だしなみって大事なの?
・ごはん・おやつのマナー

2章 学校で

・授業中のルールって?
・キミならどうする? 保健室へ行くとき
・休み時間も楽しく安全に

3章 家の外で

・道を歩くときも安全第一!
・自転車のルール,知ってる?
・電車やバスでもルールを守ろう

4章 みんなと仲良く

・気持ちが伝わる「聞き方」「話し方」
・友だちと仲良くするには?
・できるかな? 家のお手伝い

引用:旺文社 https://www.obunsha.co.jp/product/detail/011107

 

 

「ネットのルール」編

ネットのルール

今の世の中、小学生でもネットの世界と関係することが多くなってきました。

一例としては、携帯ゲーム機(3DSなど)などです。

インターネットなどでは、顔の見えないやり取りが中心です。

書かれている情報を正しく判断する知識、発信する情報による影響などを理解し使う必要があります。

トラブルなどに巻き込まれることもあることを、知っておいてもらいたいと思いと思います。

目次はこんな内容

1章 ネットでしてはいけないこと
・ネットの情報はすべて正しいの?
・ネットでダウンロードしてはいけないもの
・ネットで書いてはいけないこと
・炎上するってどういうこと?

2章 サイト利用の注意点
・ワンクリック詐欺って何?
・無料サイトに登録したらどうなるの?
・パスワードは誕生日じゃダメなの?
・ネットショッピングで注意すること

3章 メールやSNS利用の注意点
・有名人からメールが届いた!
・高額当選メールが届いた!
・ウイルスに感染したらどうなるの?
・SNSいじめって何?

4章 さまざまな危険・注意
・歩きスマホは危険!
・スマホ中毒に要注意!
・SNS疲れに気をつけよう
・ネットで知り合った人と会うのは危険?

引用:旺文社 https://www.obunsha.co.jp/product/detail/011113

 

まとめ

子供には、小さい頃より、世の中を生き抜いていく力を身につけてほしいものです。

勉強は、学校、塾で教えてもらえますが、今回紹介した本のようなことは、なかなか、学校などでは教えてもらえないことも多いです。

また、ネットのルールなどは、ネットの世界をあまり知らないと、親からも教えることは難しいと思います。

そんなことを、漫画形式で分かりやすく教えてくれるこの本は、基本知識を教えるにはちょうどいい本だと思います。

 

「学校では教えてくれない大切なこと」シリーズ