新NISAで「iFreeNEXT FANG+インデックス」への投資をはじめました。

新NISA 投資信託
記事内に広告が含まれています。

今年から投資をする様になった米国株指数の「FANG+」、その一つに楽天証券で投資している新NISAのつみたて投資枠銘柄「iFreeNEXT FANG+インデックス」ですが、投資をはじめて1ヶ月しか経っていないのに、評価損益が9%を超えています。

私は新NISAのつみたて投資枠でFANG+と同じ米国の株価指数であるS&P500、NASDAQ100への投資もしています。

この3つの指数への投資、同じ額で同じタイミングに投資をしていますが、大きく差が出はじめています。

そんなことから、最近はNASDAQ100よりFANG+への額を増やそうか?と迷いも出ているくらいです。

この記事では、私が投資している米国の人気株価指数に連動する「iFreeNEXT FANG+インデックス」についてや、米国指数として人気のFANG+、S&P500、NASDAQ100ファンドの運用差の比較などを紹介します。

では、始めたばかりで長期的にはどうなるかわからない「iFreeNEXT FANG+インデックス」のことを書いていきます。

スポンサーリンク

FANG+指数とは

FANG+について最初に少し書くと、FANG(ファング)とは、Facebook(フェイスブック)、Amazon(アマゾン)、Netflix(ネットフリックス)、Google(グーグル)の4社の頭文字を取った略語で、これに、Apple、Microsoftなどの6銘柄をプラスして、合計10社で構成される指数が「FANG+」です。

米国の株式市場にはおおよそ3000社の企業が上場していますが、FANG+指数を構成する10社の時価総額だけで、市場全体の約25%を占めます。

この数値をみると、これらの企業が米国市場を引っ張っていることがよく分かります。

ちなみに、2024年1月時点でFANG+指数を構成する10社は以下です。

  • Facebook(フェイスブック)
  • Amazon(アマゾン)
  • Netflix(ネットフリックス)
  • Google(グーグル)
  • Apple(アップル)
  • Microsoft(マイクロソフト)
  • Nvidia(エヌビディア)
  • Tesla(テスラ)
  • Snowflake(スノーフレイク)
  • Broadcom(ブロードコム)

この指数は四半期ごとに各銘柄が10%になるようにリバランスされます。

もちろん、銘柄の入れ替えもされます。

スポンサーリンク

人気の米国指数を比較

では、そんな高い成長性の企業で構成されているFANG+指数、同じく米国指数として人気のS&P500NASDAQ100の構成銘柄や占める割合を比較します。

構成銘柄の比較

現在のFANG+、S&P500、NASDAQ100の構成銘柄上位10社を一覧にすると以下の通りです。

コード 銘柄 FANG+ S&P500 NASDAQ100
META Facebook(Meta Platforms)
AMZN Amazon
NFLX Netflix
GOOGL Google(Alphabet)※Class A
AAPL Apple
MSFT Microsoft
NVDA Nvidia
TSLA Tesla
SNOW Snowflake
AVGO Broadcom
GOOG Google(Alphabet)※Class C
BRK.B Berkshire Hathaway ※Class B
UNH UnitedHealth
PEP PepsiCo

一覧からもわかりますが、S&P500とFANG+では7社、NASDAQ100とFANG+では8社の上位銘柄が共通しています。

また、S&P500なら上位10社で指数全体の約30%、NASDAQ100では指数全体の40%以上を占めるため、上位10社が指数内で占めるウェイトは大きいです。

FANG+については、10社で構成される指数のため比率は100%です。

FANG+は10社へ均等投資されるため、1社ごとの投資比率が高まり、リスクが大きくなります。

ただ、もし一覧に載っている米国を牽引する企業へ集中投資をしたと考えているなら、S&P500指数やNASDAQ100指数のファンドを選ぶより、FANG+指数を選んだ方が合っているかもしれません。

基本情報の比較

続いて、S&P500、NASDAQ100、FANG+の3指数へ投資できるインデックスファンドの基本情報を比較していきます。

ファンド 信託報酬 基準価格 純資産額
iFree S&P500インデックス 0.198% 28,227円 1540.87億円
iFreeNEXT NASDAQ100インデックス 0.495% 29,925円 888.92億円
iFreeNEXT FANG+インデックス 0.7755% 44,335円 644.7億円

iFreeでは3指数に投資できるファンドがあるので比べてみると、FANG+インデックスの信託報酬は他の2つのファンド(S&P500インデックス、NASDAQ100インデックス)に比べて高めです。

しかし、高いから悪いとはいえません。

伴うリターンがあれば...

そこで、過去のリターンをみてみると、FANG+は他の2つの指数に比べ1年、3年、5年、すべてのリターンが高いパフォーマンスとなっています。

FANG+とSP500とNASDAQ100のインデックスファンドの推移

ファンド 1年リターン 3年リターン 5年リターン
iFree S&P500インデックス 42.89 22.47 21.20
iFreeNEXT NASDAQ100インデックス 73.47 22.17 28.08
iFreeNEXT FANG+インデックス 114.65 22.58 35.88

これまでNASDAQ100が最強と思って投資してきましたが、このリターンをみると、魅力的です。

ただ反面、FANG+はS&P500やNASDAQ100に比べてリターン(収益)の振れ幅が大きく、リスクが大きい指数であることもわかります。

ファンド 1年リスク 3年リスク 5年リスク
iFree S&P500インデックス 15.29 17.59 20.66
iFreeNEXT NASDAQ100インデックス 18.96 22.34 23.52
iFreeNEXT FANG+インデックス 27.13 30.01 31.24

FANG+は高いリターンをもたらしていますが、その一方で高いリスクもあるということですね。

では、実際にリターンはどのくらい差になるのか?

スポンサーリンク

FANG+の運用実績比較

ここからは、新NISA「つみたて投資枠」で投資する「iFreeNEXT FANG+インデックス」の運用実績、他の2指数との差などを定期的に紹介します。

投資開始2週間で大きな差

2024年1月4日、新NISAの開始に合わせて「iFreeNEXT FANG+インデックス」への投資が始まりました。

FANG+、S&P500、NASDAQ100の3つのインデックスファンドへの投資は、それぞれの積立額が毎日500円、月に換算すると約1万円です。

まだ、投資を開始して2週間ですが、さっそく、各ファンドに差が出ています。

ファンド 保有数量 平均取得価額 基準価額 評価損益
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 3,202口 24,584.63円 25,369円 +3.19%
iFreeNEXT NASDAQ100インデックス 1,731口 28,885.04円 29,925円 +3.60%
iFreeNEXT FANG+インデックス 1,170口 42,735.04円 44,335円 +3.74%

評価損益を見ると、GAFAMとか、マグニフィセント・セブンなどに入る時価総額の高い企業へ投資される比率の高い指数ほど、評価益が高くなっています。

具体的には、指数として対象500社と多いS&P500が一番評価益が低く、続いて対象100社のNASDAQ100、そして、一番評価益の高いのが対象10社のFANG+です。

旧NISAでは、S&P500へ1日100円から積立投資を始め、その後増額し、トータル期間としては2020年12月02日から2023年12月25日までの約3年にわたり投資をした結果、S&P500でも現在では30%のリターンがあります。

2023年までのつみたてNISAのSP500投資実績(2024年1月21日時点)

時価総額の高い企業への比率が高いFANG+への投資、どのように影響するのか、今後が楽しみです。

投資1ヶ月で運用益9%越え

新NISAのつみたて投資枠で人気の米国指数のインデックスファンド「iFreeNEXT FANG+インデックス」「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」「iFreeNEXT NASDAQ100インデックス」へ、同じ金額を同じタイミングで投資し、FANG+インデックスへの投資は、S&P500やNASDAQ100と上位銘柄が似ているため大きな差が出ないと思っていたら、はじめて1ヶ月でかなりの差が出ています。

そんなファンドの運用状況が以下です。

iFreeNEXT FANG+インデックスへ投資をして1ヶ月目

FANG+は、たった1ヶ月で9%超えです。

スポンサーリンク

私のFANG+投資法

最後に、今回の「iFreeNEXT FANG+インデックス」への投資は、新NISAでの投資のため、私は楽天証券で投資を行っています。

投資のタイミングと金額については、1日500円、月に換算して10,000円の投資です。

今回のFANG+への投資、最近よく聞く「マグニフィセント・セブン」へ投資したいと考えている人にも適した投資商品だと思っています。

マグニフィセント・セブン

マグニフィセント・セブンとは、GAFAM(グーグル ※アルファベット、アップル、フェイスブック ※現メタ・プラットフォームズ、アマゾン、マイクロソフト)と呼ばれる米国のテクノロジー大手5社に、エヌビディアとテスラを加えた7社を指し、その名前は西部劇映画「荒野の七人」に由来しています。

最後に投資銘柄の紹介をして終わります。

まず、楽天証券のNISA口座を使って家計のお金で投資している米国・インド・日本のコア投資です。

NISAつみたて投資枠

NISA成長投資枠

また、SBI証券の特定口座(源泉徴収あり)を使って妻に内緒の隠し資産で行っているリスクの高い米国株個別銘柄・レバレッジをかけた投資信託(※ETFを含む)のサテライト投資です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

リスクの高い米国株個別銘柄

レバレッジをかけた投資信託

私の目標は定年までの残り10年で1,000万円の遊ぶ金を貯めることです。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました